HOME > カードのランク > プラチナカード

プラチナカードの特典とメリット

プラチナカードは、所得が高い人に向けて発行されているカードです。
テレビCMなどでゴールドカードが特典を受けられるカードとして知られていますが、プラチナカードは知る人ぞ知る上位カードといえるかもしれません。 券面がプラチナの様な白銀色のものが多いためにプラチナカードと呼ばれていますが、黒いものもあります。

プラチナカードは基本的に、ゴールドカードを所有している方にカード会社が招待する事で所有する事が出来ます。 それまでのゴールドカードの利用実績や収入、資産などがその条件と言われていますが、公表されていません。
ゴールドカードを所有してすぐに招待される方が居る一方、なかなか招待されない方も居ます。

カードによっては、提携する銀行の取引に応じて招待される事もあります。
プラチナカードの特典はカード会社により様々ですが、コンシェルジェサービスが特徴と言えるでしょう。 カード所有者に対し、カード会社が執事を用意する様なものです。
専属の執事という訳ではありませんが、海外旅行先でミュージカルやオペラ、レストランの予約をしたい場合に、電話一本で依頼出来て手配してくれるというものです。

日本国内でもこのようなサービスを受けられますが、外国語が必要な海外で特に心強いでしょう。
また、カード所有者に対して様々なプレゼントがあります。
筆者の様に海外出張の多い人に便利なのが、プライオリティパスです。
ゴールドカードでも空港ラウンジを利用出来ますが、プライオリティパスをもつことで世界中の空港ラウンジを利用出来る事があります。 空港で手荷物検査を受けた後の領域にもあり、航空機の離陸までをゆったり過ごす事が出来ます。

また、航空会社が運営しているラウンジである事が多く、天候トラブルなどで航空会社のカウンターで交渉しなければならない時、長蛇の列のカウンターに並ぶ事なく、空港ラウンジの中のカウンターで交渉する事が出来ます。 海外出張中のトラブルに大変心強いです。

プラチナカードは他にも旅行保険などの自動付帯や、特選されたホテル、レストランの招待、優待クーポン付与などがあり、日常生活を充実させるためには大変役に立つカードです。
その代わり、これらの幅広い特典を受けるための年会費も高額です。

ゴールドカードは年会費1万円前後のものが多いですが、プラチナカードは年会費が5~10万円程度です。 プライオリティパスの年会費が400ドル程度と考えると、上記の特典を十分に使いこなせる人には、年会費以上の価値があるカードといえるでしょう。