HOME > カードのランク > ブラックカード

ブラックカードの特徴

ブラックカードは、クレジットカードで最上位とされるカードです。
カード会社によりますが、券面の色が黒の場合が多いのでブラックカードと呼ばれます。 ブラックカードはアメリカン・エキスプレスが1999年にアメリカで発行したものが始まりで、それにならって他社でも発行をしています。

申込により所有する事が出来ず、カード会社からの招待状を受け取って返送する事により所持出来るようになります。 招待状送付の基準は公表されていません。

ブラックカードとされるカードはアメックスや、ダイナースクラブプレミアムカード、ワールドマスターカードなどがあります。 日本でも、VisaやJCBなどがあります。
この中で特に所持が困難とされるのが、アメックスとダイナースクラブのものです。

アメックスのカードは、公式に存在を認めているもののマーケティング活動が行われておらず、詳細は明らかではありません。 24時間365日対応のコンシェルジェサービスで、時間帯に依っては会員ごとに専属担当者が決まっているとも言われています。
また誕生日プレゼントが送られたり、カード利用で得られるポイントの有効期限がないなどの特典があります。 その代わり、年会費が30万円以上と高額です。

カードがチタンで出来ているチタンカードを日本限定で発行しています。
ダイナースクラブは、一般カードでも限度額を設けないという特徴があります。 ブラックカードは年会費10万円で、発行しているのがシティカードジャパンであるためカード表面にシティバンクと印字されていて、シティバンクと提携している事から、残高が5000万円以上だと自動的に招待されます。 また、年会費が半額になります。
こちらも一般カードでは得られないコンシェルジェサービスがなされます。

ワールドマスターカードでプラチナカードより上に格付けされています。
ポルシェのオーナー限定のものもありますが、提携しているカード会社を通じて申し込む事が出来ます。 この場合、年会費はゴールドカードと同程度です。

利用時のポイントの還元率が高いことや、空港ラウンジなどのサービスがなされていますが、上記のブラックカードに比べると特典がやや少ないです。
日本のブランドであるJCBのカードは、国内のホテルでの優待特典や有名レストランで2名以上が所定のコースメニューを申し込むと1名分が無料になること、ディズニーリゾートホテルのスイートルーム優待、スポーツクラブの優待など、日本国内で様々な特典を受ける事が出来ます。