HOME > マイルを貯めてできること > ANAマイルが選ばれる理由

マイレージプラスの特徴

アメリカの航空会社であるユナイテッド航空が提供するマイレージサービスがマイレージプラスとよばれるものです。 このマイレージプラスにも、さまざまな特徴やお得なポイントがありますので、ここではそれを解説しましょう。

ユナイテッド航空はANAも加盟するスターアライアンスメンバーになっていますが、マイレージプラスは自社便のみならず、そうした提携航空会社の航空便においても大半で区間マイル100%加算の設定としています。 そのため、幅広いエアラインの利用でマイルを貯めやすいのが特徴です。
クラスボーナスというシステムで、ユナイテッド航空もしくは提携会社のビジネスクラスとファーストクラスを利用した場合、25%または50%のボーナスマイルが与えられるようになっています。

また、エリートボーナスというボーナス制度もあります。
年間の航空機利用によって加算されたマイルにより決められる会員レベルがあるのですが、この上級会員となった場合、さらにマイルが貯まりやすくなるサービスが用意されています。 基準となる通常の実航マイルに対し、会員クラスに応じて25%~100%ものボーナスマイルがプラスされるのです。
会員となる資格認定に必要なマイルは、特典旅行などで使用しても減算されません。

その一方で、翌年に持ち越すことはできないので、純粋に航空機利用が多い顧客、上位グレードの利用顧客がより上級会員となります。
ただしマイルに関しては、期間や区間を限定したキャンペーンや、入会によるキャンペーンなども実施されているので、 こまめにチェックすると、意外に会員資格を満たすことができるケースもあるでしょう。

マイレージプラスは、格安ツアーでも加算対象となることが多いという特徴もあります。
フライト利用以外では、提携ホテルを利用したり、提携クレジットカードで支払いを行ったりすることでも貯めることができます。 さらにマイレージプラスモールという専用サイトを介して、提携先の店舗でショッピングやサービス利用を行うことでもマイルが貯まります。
ここではさまざまな大手企業が提携先となっているので、幅広く安心して使えます。
貯めたマイルの有効期限は18カ月までとされています。

その期間内にマイルの獲得もしくは使用があれば、そのたびにさらに18カ月間延長されていきますから、容易に延長可能です。 期限切れでせっかくのマイルが無効になってしまった経験のある方も、これならば少し注意していれば、無駄を出さず半永久的にキープすることができるでしょう。

貯まったマイルは無料航空券やアップグレードに使用することができますし、またラウンジ会員であるユナイテッドクラブへの入会にも充てられます。 ダイニング特典やチャリティーにも使え、用途の幅は広いといえます。
また上級会員の場合、特典交換に必要なマイルの割引が適用されるので、より少ないマイルで価値の高い特典を得られるメリットがあり レンタカーやホテル利用の特典もそれぞれに用意されており、使えば使うほどお得が広がる仕組みになっています。

日本では無料航空券はANA便でも使え、12,000マイルだけで国内往復特典が利用可能と、かなりお得です。
半分のマイル数で片道特典の利用がOKとなっている点も嬉しいところです。

このほか、ほとんどのスターアライアンス航空会社の特典においてオンライン予約対応となっている点も便利なポイントとして挙げられます。
このようにマイレージプラスには少し複雑な点もありますが、よく特徴をとらえて利用すると、非常にお得な点が目白押しのサービスとなっています。