HOME > 各社カード会社の紹介 > アメックスの特徴とメリット

アメックスの特徴とメリット

アメックスの略称で知られるアメリカン・エキスプレスは、クレジットカードの他にトラベラーズチェックも行っており、他にも保険など様々な事業を展開しています。
トラベラーズチェックは米ドル札以上に利用価値があるのですが、ここではクレジットカードに絞ってみてみましょう。

もともと、ホテル組合が設立したカード会社を1958年に買収して、翌年にプラスチックカードを導入しています。
特徴として、ランク付けされたカードを次々に導入した事が挙げられ、 ゴールドカードは1966年、プラチナカードは1984年に他社に先駆けて導入しています。
2003年にはブラックカードにあたるセンチュリオン・カードを発行しています。
富裕層や専門職、個人事業主にに対するサービスが手厚く、ブランドとしてはダイナースクラブと争うほどの高い地位を築いています。

ダイナースクラブと同様、基本的には限度額を公開せず、顧客からの問合せには利用の目安のみを回答するという独特の方針を貫いていて、 アメリカで特にホテルや航空券の手配に強く、高級ホテルでは独自サービスの提供がなされます。
また、日本で発行される他社の国際ブランドでは、アメリカの空港のラウンジが利用出来ない事が多いですが、アメックスを所有していると利用出来るというメリットがあります。 アメリカにビジネス、観光で行く機会の多い方には、非常に便利なカードです。

日本国内においても、JCBと加盟店に関する業務で提携しているため、利用可能な店舗は数多くあり、いざと言う時にアメックスは威力を発揮します。 カードを紛失しても、支店が存在する国ならば発行元の国に関わらず翌日に再発行されます。

デザインも他社との提携カードでないプロパーカードは、世界共通であることがカードの即時再発行に対応出来るという事になります。 多角経営をしていることもあり、カード所有者に対する有事対応が手厚くなされている点がメリットと言えます。
例えば天安門事件で北京に取り残された顧客を手助けしたり、アメリカ同時多発テロで本社周辺が大きな被害を受けたにもかかわらず、サービス提供が通常通り行われたりしています。

他社と比べると年会費が若干高めというところが難点ですが、他社には真似の出来ないサービスを次々と展開してきたのが特徴です。
空港や新幹線の駅などでスタッフが対面方式で入会を受け付けている事が多いため、気になる方は声をかけて説明を受けてみてはいかがでしょうか。