HOME > マイルを貯めてできること

マイルを貯めてできること

マイルという言葉もすっかり定着して、集めている方も多くいらっしゃることでしょう。
でも、なんとなく貯めていてその仕組みをあまり理解していない、有効活用できていないという方もいるかもしれません。 せっかくのお得なサービスが、それではもったいないので、マイルを貯めてできることについて、解説していきたいと思います。

基本のマイルというのは、航空会社が行う顧客へのポイントサービスといっていいでしょう。
会員となった利用者に対し、搭乗距離に比例したポイントを付与し、それに応じたサービスを返すもののことをいいます。

世界で初めてこのサービスを導入したのはアメリカン航空で、1981年のことでした。
日本国内で本格導入されたのは、日本航空、全日空、日本エアシステムの大手3社です。 日本航空は、これに先立って国際線に限ったマイレージサービスを提供してもいました。 マイルをためて活用する方法としては、主に2つの方法があります。

航空会社から直接サービスを受ける

1つはポイントとして使って、航空会社でのサービスを受けることです。
希望する区間の無料航空券と引き換えたり、利用する座席のクラスをエコノミークラスからビジネスクラスへ、ビジネスクラスからファーストクラスへといった、より高価な上位のクラスへアップグレードさせたりすることができます。 お得に快適な旅ができるのはうれしいですね。

航空券を取得するためのマイルは地域間で決定されており、通常東アジアと北アメリカのあいだの区間などおおまかな設定となっているので、自分の旅行計画などに合わせた利用が可能でしょう。 ただし、このマイル引き換えで航空券を予約して得る場合、座席数の制限が設けられていることが多いです。

また通常購入で予約する場合よりも座席の割り当てとして優先順位が後になっているので、利用が多く混雑するシーズンや、人気の路線では手に入れにくいこともあります。 これにはより多くのマイルを使えば、予約が取りやすくなるというサービスを提供している航空会社もあるので、そうした方法もチェックしてみると良いでしょう。
無料航空券とはいっても、発券手数料や空港利用料などが別途必要となることもありますので、この点には注意が必要です。
また航空券の引き換えには、ある程度多くのマイルが必要ですが、そこまで貯めなくても、低額の商品やオプションでサービスチケットをマイルで手に入れることができるケースもあります。

マイルを別のサービスのポイントとして利用

もう1つは、マイルをそのまま使うのではなく、別サービスのポイントなどに交換して使う方法です。
クレジットカードとの連携や、ホテル、レンタカー、タクシーなど航空・運輸・交通関係に関わりが深い分野のほか、銀行、携帯電話やインターネットプロバイダといった通信関係などとの連携サービスも進んでいます。 マイルを別サービスのポイントに変えて、支払いに充てたりすることも可能です。
この交換は逆方向も可能なので、こうした連携しているサービスの利用によって、マイルをより多く、効率よく貯めていくことも可能です。