HOME > 保険付帯とは

保険付帯とは

クレジットカードというと、ショッピングやキャッシングができるだけのカードと思っていませんか?
もしそう思っているのならば、それは非常にもったいないことです。
クレジットカードは、単なる決済の手段ではありません。

カードに保険?

実は、様々なサービスが他にもついており、そのひとつが保険付帯といわれるものです。
保険とは言っても、生命保険やがん保険といったものではなく、その代表的な保険が、海外旅行傷害保険です。 海外旅行傷害保険はその名のとおり、海外旅行に関するあらゆることに関して保険から補償してくれるというものになります。
海外旅行先で病気になったり怪我をしたり、航空機が遅延したりと、ありとあらゆることが対象となっています。

そんな海外旅行傷害保険ですが、全てのクレジットカードに付帯をしているわけではありません。 ついていないクレジットカードももちろんあります。
そして、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードであっても、その付帯条件はカードによって異なり、 付帯条件には、自動付帯と利用付帯というものがあります。

自動付帯と利用付帯とは

自動付帯というのは、特に何もしなくても自動的に保険が付帯してくることをいいます。
一方利用付帯というのは、クレジットカードを利用しないと保険が付帯しません。 その利用対象というのは、海外旅行に関する支出ということになっています。
具体的には、パッケージツアーや海外航空券、現地のホテル代などの支出ということです。

気になるのはやっぱり補償される金額

海外旅行傷害保険でもっとも気になるのが、補償される金額ですね。
年会費が無料のクレジットカードの中にも、付帯しているクレジットカードがありますが、その補償金額は総じて低めです。 一方、年会費がかかるクレジットカードの場合、総じて補償金額は高めとなっています。
また、これはいずれの場合にも言えることですが、病気による治療というのは、あまり補償されないケースが多いです。 そういった不完全なケースが多く、クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険をより完璧にするために、別途保険をバラ掛けする、そのような保険商品もあります。

疾病治療を補償の対象にしたいのであれば、別途保険をバラ掛けするということも出来ます。 補償はされているのだが、もう少し金額をアップさせたいときにも、バラ掛けは有効でしょう。
海外旅行傷害保険とは別に、ショッピング保険というのもあります。
これは、当該クレジットカードで購入した商品が破損などした場合、その金額を補償してくれるというものです。