HOME > 法人カードを使うと便利

法人カードを使うと便利

最近ではクレジットカードを持っている方は非常に多くなっていて、その数も国民1人につき1枚のクレジットカードという割合です。 現実としては、持っていない方もいますし、1人で何枚も持っている方もいらっしゃいます。
個人のレベルでは広く普及しているクレジットカードですが、最近では法人でもクレジットカードを使っているところが多くなっています。 では、法人のクレジットカードには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

社員が買い物を立て替える必要がなくなります

まずは、現金出納が楽になるということがあげられます。
会社の買い物をしたり、会社のための支出をするとき、社員が立て替えるということがよくあります。 立て替えたお金は領収書を添えて、経理の方や事務の方に請求をします。 すると、精算をしてお金がもらえるという流れが、一般的な流れです。
しかしこれでは、あまりにも手続きが煩雑となってしまうので このような小口の現金の管理業務というのは、結構面倒なものです。
そういった現金出納業務は、クレジットカードに任せてしまえば、面倒な現金出納業務はなくなります。 とはいえ、領収書を捨ててもかまわないということではありませんので、ご注意ください。

現金での精算ではないので経理業務が楽に

次に、経理の仕事が楽になります。
もちろん、前述したような現金出納業務が大幅に減りますので、それだけでも経理の仕事は大幅に軽減されますが、 それだけが法人のクレジットカードのメリットではありません。

法人のクレジットカードというのは、社員1人につき1枚というような発行の仕方ができて そのカードごとに利用明細を発行することが出来ます。
こうすれば、どの社員がいつどこで、いくら使ったのかということが、非常に明確となり これに基づいてデータ入力をすればいいだけですので、非常に楽です。

毎月の支払いを一本化することが可能に

そして、支払いが一本化できるというのも、法人クレジットカードのメリットであります。
会社の支払いというのは、その取引先によってバラバラなことが多く、 月末というところもあれば月初めというところもあり、そのたびに現金を準備しなければなりません。 しかし、法人クレジットカードで支払ったものに関しては、どんな取引先であろうと支払いは同じ日となります。
さらに、カード決済にすることで、手数料がかかりません。 銀行振り込みですと、振り込み手数料がかかったりしますので、これは大きなメリットです。