HOME > クレジット決済の良いところ

クレジット決済の良いところ

多くの方が利用しているクレジットカードですが、どのような仕組みで成り立っているものなのでしょうか。 まだカードを作った事がない人にとっては、分からない部分だと思いますので、簡単に説明をしていきたいと思います。

個人を信用をもとに商品の代金を立て替えてくれます

クレジットとは「信用」という意味です。
クレジットカードは、個人の信用をもとにして商品の代金を立替してくれるシステムのカードの事を指し、 なにか買い物をするときに常に現金を持ち歩かなくても、カードさえあれば手軽に買い物をすることができます。
その為、その場で現金を支払う必要がありません。
買い物した商品の代金は、カード会社が立替えをしてくれるのです。

この時、会社は商品を売った加盟店からカード手数料として商品の数%を差し引きして、 後日、商品を購入した消費者が指定した銀行口座から商品の代金がカード会社に支払われるというシステムです。
もちろん後で自分が払わなければいけないのですが、急にお金が必要になったりと急ぎの対応も簡単に出来るというメリットがあります。

カードの発行と利用可能額は審査で決まります

消費者の信用をもとに発行されているものなので、発行には一定の条件が必要で、審査も行われ利用可能額はカード会社や利用者の状況によっても変わってきます。 クレジットカードには多くのメリットがありますが、なんといっても現金の取り扱いが減って管理が楽な点が挙げられます。
買い物をする際に預金を下ろすことなく、そのままカードでショッピングできます。

銀行で列に並んでキャッシュディスペンサーから預金を引き下ろすのは時間的にもロスになりますし、かなりの手間と言えます。
ですがクレジットカードならそのような手間なく買い物できて、明細もきちんと送付されますので家計の管理にも便利と言えるでしょう。 最近ではスーパーなどの食品を取り扱う店で、クレジットカードを利用する際に署名を必要としないショップも増えていますので、より便利に使えるようになりました。

ネットショッピングでも広く使われています

さらに多くの方が利用しているインターネットなどの通信販売には、クレジットカードは欠かせない存在です。
ネットオークションやネットショップの中にはクレジットカード決済のみの取り扱いのところもありますし、カードなら手数料無料というところも多いのです。 銀行振込だと振込手数料がかかってしまいますし、代金引換だと引換手数料が発生しますので、やはりカードで決済が有利と言えます。
利用することによって信用が増して行き、利用限度額が引き上げられたり、溜まったポイントを現金のように使うこともできるのです。