HOME > クレジットカードが作れないブラックとは

クレジットカードが作れないブラックとは

「ブラックリストに乗ると審査が通らず、借り入れが一切できなくなる」という噂が囁かれています。
このブラックリストというものはどのようなものなのでしょうか。
実際に借り入れや審査に影響するものなのでしょうか。

実は存在しないブラックリスト

ブラックリストというと、なんだか貸付禁止の人の名前が並んだ名簿のようなものを想像してしまいがちですが、実はブラックリストなるものは存在しません。 このブラックと呼ばれているのは、いわゆる事故情報が登録されている状態を指します。
カードローンやキャッシングでは、借り入れをしたら返済日までに返済するのが鉄則です。 ところが何らかの事情で返済が遅延してしまったり、返せないことがあるケースもあります。

どれくらい支払いが遅延するとブラック情報になるのか?

カードなどの審査を行う個人信用情報機関では、こうした情報をブラック情報と呼んで、一般の遅延とは区別して登録をします。 異動情報、自己情報、遅延情報といったブラック情報を登録されてしまった人をブラックリストに載ったと表現しているのです。
問題はどのくらいの遅延でこのブラック情報が付いてしまうのかということです。
これは返済日から3ヶ月支払いが遅延した場合には、事故情報として登録されてしまいます。 何らかの理由で返済が滞ってしまっても、3ヶ月以内には必ず返済する必要があると言えます。

事故情報がつくとどんな影響がある?

万が一事故情報がついてしまうと、登録されてから5年間は抹消されないため、新しくクレジットカードを発行することができなくなってしまいます。 さらにどの金融機関からも借り入れをすることができなくなってしまうのです。
遅延して事故情報がついてしまっても、その後完済するケースがありますが、一度事故情報がついてしまえば、完済しても1年から5年はブラック情報として残ってしまうので、まずは返済を遅らせないことが第一と言えるでしょう。
自己破産、民事再生手続きなどをした場合にはさらに長期間の借り入れができなくなり、7年から10年新しいカードを作ったり借り入れをすることができなくなってしまいます。

こうしたブラック情報は会社に知られてしまったり、就職に影響しないかと心配する方もいます。
ですが、一般的には刑事事件などで警察から情報開示があった場合などのみの開示になりますので、こうした個人情報が就職に影響するということはありません。 ブラック情報がついてしまうと、住宅ローンや車のローンなど人生のさまざまなステージで必要なローンも組むことができなくなってしまいます。
借り入れをした場合には返済の遅延がないように気をつけるのが一番の解決法です。